TOP
42.00score

miyo

スポンサーKataribe

年末年始のご馳走作りは圧力鍋や保温鍋をフル活用して時間とガス代の節約を

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

我が家では煮込み料理や煮物は圧力鍋か保温鍋を使ってます。
圧力鍋も保温鍋も時間とガス代の節約になりますが、それぞれ料理の仕上がりや利点があるので使い分けています。

<圧力鍋>
加圧によって短時間で料理が出来ます。
お肉の塊も15分位で柔らかくなるので、お正月のおもてなし料理に煮豚や角煮を作るのに便利です。
何と言っても煮豚や角煮はご馳走感があってテーブルが華やかになります。

<保温鍋>
ゆっくりと保温しながら煮物やスープが出来上がります。
ポトフや肉じゃがを作るとお肉も柔らかく仕上がり煮崩れをしないのでキレイに仕上がります。
クリスマスのご馳走にビーフシチューを作る時も食材と一緒にルーやデミグラスソースを入れてそのまま保温すれば出来上がるので焦がさないようにお鍋をかき混ぜばがら煮込まなくても良いので便利です。

保温鍋はお出かけ前に料理を仕込んでおくと帰って来た時には出来上がっているので、休日のお出掛けをした夜に疲れて夕食が作りたくないから外食して帰ろうかと余計な外食をしなくて済みます。

圧力鍋と保温鍋をフル活用すると日々の食事の準備も楽になる上に、年末年始のご馳走作りにも大活躍させて時間とガス代を節約しています。

.

最終更新日:2016-12-17 20:39

コメント (0)